2010年03月04日

東京駅の地下迷路

気がついたら2月が終わっていた・・・。

1週間ぶりにコートを着て出社。

でも今日は一日、東京駅周辺の地下を蟻のように歩き回った。
二宮金次郎をスタートし、経団連会館を折り返し、再び二宮金次郎へ※。
ほとんどコートは関係なかった・・・。

営業同行した彼とお茶。

「何のために仕事してるのかなんて考えちゃいけないんですよ」と彼。
「なるほど」
「何のためにとか考えても考えなくても仕事するんだから、考えるだけ無駄だと思いますよ。そんなこと考えてるから病気になっちゃうんですよ」

商談の内容といい、雑談の中身といい、結構勉強してるな彼。
で、ちょっと聞いてみた。

 


 
「もしかしてカズヨちゃん嫌い?リカちゃん派?」
「どっちかって言うとカズヨちゃん派ですね。」
「へぇー、そうなんだ・・・。リカちゃん派かと思った。」
「リカちゃんは左派でしょ。僕は右派ですから。」

何が左派で何が右派か分からないけれど、やっぱりカズヨちゃんとリカちゃんは両極と認識されているんだ・・・。
なるほど。

 ・・・・・・・・・・

せっかくゴールしたんだからちょっと寄ってくか。

「あっ、『床下の小人たち』だ」

<『床下の小人たち』見つけたけど買う?>
と嫁さんにメールする。
<文庫だよね。面白かったらおねがいしまぁーす>

あの、<面白かったら>って、内容知らないんですけど・・・。
それに岩波少年文庫だけど<文庫>判じゃない。
おそらく嫁さんは、本屋で文庫の棚を探していたに違いない。
だから見つからないんだ、きっと。
これは児童書です。

『床下の小人たち』

今年の夏にジブリが映画化する『借りぐらしのアリエッティ』の原作本。

映画化する・・・。
何か忘れているような・・・。
あっ、思い出した・・・。
明日は日本アカデミー賞の発表だ!

ちょっと予想しますか。
(何のブログだか、やっぱりわからなくなってきた・・・)

■最優秀新人俳優賞
岡田雅生(ヒロ君も良いけど、ホノカア、君の初恋を、重力ピエロの3作品の安定感)
■最優秀助演女優賞
ヴィヨンの妻 室井滋かな
■最優秀助演男優賞
剣岳 点の記 香川照之(ジェネラルの堺雅人もいいなぁ・・・)
■最優秀主演女優賞
ヴィヨンの妻 松たか子?(メリケンの宮崎あおい・・・、うーん、おっぱいの綾瀬はるかか??)
■最優秀主演男優賞
ディア・ドクター 笑福亭鶴瓶で決まり(太陽の渡辺謙じゃ、当たり前すぎ)
■最優秀作品賞
ディア・ドクター ・・・ 決まり。


で、リカちゃんとカズヨちゃんはやっぱり世の中的には対立してるのかなぁ・・・。


※二宮金次郎:東京八重洲ブックセンター入り口のモニュメント。東京八重洲地下街の端っこ。ちなみに経団連会館は丸の内地下迷路の終着点。

 








posted by 一丁目のせいちゃん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。