2009年06月02日

期待は空しく

定期検査で2週間ぶりに整形外科に行った。

あの事故(事故?)からおよそ1ヶ月。

もうそろそろ骨がついているのでは」と期待していた。



が、しかし・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「仕事ちゃんとできていますか?」

整形外科の先生は足首のレントゲン写真を見ながらそういった。

「え?(足じゃないんだけど・・・)」

「あぁ、これ前の人の。
ちゃんと仕事できてますか?」

レントゲンを換えて、それを見ながら質問する。

昼間からこんなところに来ていて、ちゃんと仕事してるのか?
いいのここにいて?と聞いているのか?

この時間帯は空いていて、夜に来るより仕事に支障は少ないんです!
あなたこそ、他人のレントゲン見ながら話さないでほしいんですが・・・。

なんてそんなこと言ってるわけないか。

「えぇ、まぁ、何とか。字は書けないんですけどパソコンなら・・・。ちょっと時間がかかりますが。」

とにかく変換ミスが多い。
何でそんなキーを押すのかと自分でも笑っちゃうくらいキーを押し間違える。
右手は人差し指だけでキーを押すのだが、マシンガンブラインドタッチで鍛えた人差し指が勝手に変なキーを押す。

キーボードだけではない。

エレベーターの開くボタンを押しているつもりで閉めるボタンを押してしまう。
何度も。
だから何人か犠牲者が出ている。
最近は自分の指を信用していない。

脳の自動化ってこういうときは不便だ。



「そう・・・」

レントゲンと顔を見比べながらさらに聞く。

「痛くない?」

「あの・・・、まだ治ってないんでしょうか?」

「中指はほぼ大丈夫・・・、薬指は・・・7・8割かな。」

確かにレントゲンを見るとまだはっきりと亀裂が見える。

「2週間後また来てくれる?そのころはもう大丈夫でしょう。普通なら。」

普通ならって何?

「中指の固定はしなくてもいいけど、薬指はもう少し・・・。
荷物は持たないように。それから満員電車は気をつけて。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チエちゃん、桜餅さん、ご心配いただいてありがとう。
また、メール等でお見舞いいただいたみなさんありがとうございます。

中指君がリハビリもかねて戦力に加わりましたのでブログ頻度上げたいと思います。

(でも中指君が加わった(使おうとする)せいか人差し指君だけよりスピードおそっ。)

あぁ、それにしても、早く箸を使った食事がしたい!

posted by 一丁目のせいちゃん at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全治1ヶ月以上・・・って軽傷ではなくなるね。
しかもこれから固まった関節のリハビリかあ。
それに、医者もかえた方が良くない?

面白そうな映画が目白押しで
1丁目のせいちゃんのブログ楽しみなんだけどなあ・・・
くれぐれもお大事に!
Posted by 桜餅 at 2009年06月05日 00:20
本文中に私の名前が出てきたので、ちょっとドキッとしてしまいました。(なんでやねん?)

指の骨折って、治るのに時間かかるんですね。

手も足も指は大事な部分です。
Posted by チエちゃん at 2009年06月08日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。