2010年02月27日

雨の日の落し物

平凡だと思っている日常にも実は新聞に載らない凄いことっていっぱいあるんだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あっ、何か落ちてる!」

「何かな?」

秋葉原の駅前繁華街で、
お母さん・おばあちゃんと手をつないで歩いている3歳ぐらいの女の子が、手をはずした。

「何だろう?」

おばあちゃんがそれを見て
「ちょっとそんなの拾っちゃいけませんよ・・・」

「お名前書いてあるよ・・・」

手に取っているのは、薬の束。

娘が元に戻そうとした雰囲気を察したお母さんが
「落し物かな?ママに頂戴」
と娘に語りかける。

「うん」
・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

続きを読む
posted by 一丁目のせいちゃん at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

定まらない問い

節分・立春と時が過ぎていく。
今年も1ヶ月以上過ぎた・・・。

この1ヶ月、考えていることがある。
答えは出ていない。
というより、何が問いなのかも曖昧だ。

で、うだうだやっているうちに今日になった。

ついでに髪の毛も伸びた。

床屋行こう。
 
 続きを読む
posted by 一丁目のせいちゃん at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。